株式会社信和技研

サイズが微妙に異なる4種類のワークを兼用で扱う為に
シビアな構想と設計が必要となったパーツフィーダーです。

自動車向け金属部品用パーツフィーダー

トップ > 製品案内(パーツフィーダー) > 自動車向け金属部品用パーツフィーダー

自動車向け金属部品用パーツフィーダー

切り出し位置決め機構付きパーツフィーダー

今回のパーツフィーダーは二台のパーツフィーダーを連動させ左右対称に異なるワークを排出させる必要がありますので極めてシビアな構想・設計が必要とされました。 さらに、ワーク(部品)の形状がテーパーな上外見がほぼ同じでサイズが微妙に異なる4種類のワークを兼用(部品交換)で扱う為パーツフィーダーの先端に特殊なセンサーを取り付けています。 センサーはワークの微妙な違いを検査して次工程への誤排出を防ぎます。

また、先端部分にはロボットシリンダーで基準面より約1000mmの位置までチャックしリフトアップするシステムを組み込んでいます。 こちらの電気制御はコストも抑える為すべて社内にて行いました。

自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像01自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像02自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像03

自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像04自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像05自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像06

自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像07自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像08自動車向け金属部品用パーツフィーダーの画像09

自動車向け金属部品用パーツフィーダーの動画

自動車向け金属部品用パーツフィーダーの特徴

ワーク (自動車用金属部品)

ワーク (自動車用金属部品)

兼用での対応種類が多く寸法が非常にシビア、かつワークが重いのでパーツフィーダーに様々な対策が必要です。

パーツフィーダー二台体制

パーツフィーダー二台体制

サイズの異なるワークを左右対象に排出します。位置決めに影響するワークのセンター出しに神経を注ぎました。

ワークサイズ判別センサー

ワークサイズ判別センサー

多種ワーク対応型なので、パーツフィーダーの先端にセンサーを装着してワークの誤混入を防止します。

チャック部

チャック部

ワーク形状がテーパーなのでチャックする位置・厚み・強度等に注意を払い調整をいたしました。

コントローラー

コントローラー

センサー部をまとめて配置することで調整が容易になり、しきい値等の数値の変化を簡単に確認できます。

パトランプ

パトランプ

パーツフィーダーの異常停止を作業者に知らせます。二色・三色発光、ブザー音付き等の選択が可能です。

製品スペック

整列ワーク自動車用金属部品 (4種兼用)
排出(供給)能力20個 / 分 (1列出し)
オーバーフロー検出センサー
達成率99.98%
使用電源単相 AC200V 50Hz / 60Hz兼用
納期受注後約45日

自動車向け金属部品用パーツフィーダーに関するお問合せはこちらから


製品図面

自動車向け金属部品用パーツフィーダー

製品案内(パーツフィーダー)に戻る

ページ上部へ ▲

お電話でのお問合せは047-406-6121へ

本社工場 [地図]

東京都武蔵村山市残堀1-113-1

TEL : 042-520-8295
FAX : 042-520-8296

営業所 [地図] [E-mail]

千葉県 船橋市 行田 1-30-29

TEL : 047-406-6121
FAX : 047-407-4026

Copyright(c) 2011 Corp Shinwagiken All rights reserved.